オープンカーは快感‐車は男の憧れと維持!?

オープンカーは快感‐車は男の憧れと維持!?

男の意地でもあるのが車ですよね。

 

 

オープンカー、ユーノスロードスターです。その車との出会いは、平成六年ですので、20年以上前からの付き合いです。

 

 

車の免許は長く持っていましたが、オープンカーは運転したことがありませんでした。友人からのすすめで、運転した瞬間から、夢中になりました。

 

こんなに気持ちのいいことがあったのか、何でもっと早くオープンカーに乗らなかったのだろう、と後悔しました。オートバイは好きで色々と乗っていましたが、オープンカーは、私にとってはオートバイの気持ちよさを上回る気持ちよさがありました。気持ちよさは、理屈ではないのですが、あえて理屈を言えば、自分が思うままに反応するユーノスロードスターは、第一に操縦性として気持ちが良いのです。

 

 

 

そして、オープンカーの気持ちよさ、風、景色がそれにプラスされるのです。

 

 

オープンカーを所有する人ならわかるかと思いますが、20年が経過しますと、オープンカーの屋根、幌が傷んでくるのです。

 

 

不具合が出てくるたびに、色々と工夫し、直したりしながら楽しく付き合っています。

 

インターネット上には、ユーノスロードスターを私と同様に愛する人達が多数いるため、困ったときでも安心なのです。同じ車種なので困ることはだいたい同じなのです。

 

 

 

幌の不具合に関しては、ユーノスロードスターに乗る人が自分で開発した幌を販売しているケースも有ります。

 

 

自分で困ったことを解決するてまに作った商品なので、とても品質がよく、ユーノスロードスターの所有者の中では有名な商品となっています。

 

 

私は、幌以外にも、課題があります。タイヤを少し太いのに取り替えて操縦性を上げていますが、フェンダーからギリギリ出そうな状態で、車検時に問題になりそうなので、小さな部品をフェンダーに取り付け、車検を通しています。

 

好きな車もいつまでも廃車をする時期がきますよね。

 

 

 

廃車手続き.com

 

 

手続き方法を知らないと損をしてしまいますよね。

 

 

 

 

楽しく気持ちよく乗るには、色々と手間のかかる車ですが、それを含め愛着を持っています。

 

 

仙台市内の大学で法律を学んでいます。大学生は言ってしまえば人生の夏休みのようなもので、様々なジャンルの趣味に没頭できるいい機会だと思います。今、私が没頭していることはギターの演奏です。2年間ほど続けています。

 

 

ギターを始めたきっかけは、自分の彼女がロック好きで、ドラムやギター、ピアノなどの楽器を演奏できるということでした。もともと自分もロックが好きでしたが、楽器に関しては全く知識がなく、興味もほとんどありませんでした。

 

 

 

当時は全体としての曲が好きだっただけで、それを構成している各楽器にはそれほど注目していなかったのだと思います。

 

 

 

始まりは彼女が家に持ってきた一本のアコースティックギターでした。ギターなんて今まで触れたことすらなく、難しそうなイメージしかなかったのですが、教えるから試しにしばらく弾いてみたらと言われました。

 

 

全く知識のなかった私は手取り足取り教えてもらい、数時間ほどでなんとか形にはなりました。

 

 

この時点でもうギターの魅力に気づいてしまったと思います。それから暇さえあればギターを弾く日々が続き、2週間ほどするとかなり上達してきました。ギターを弾けるようになったおかげで、曲の中のギターのパートに注目して聴くようになりました。

 

 

それからギターの基礎はある程度押さえたはずなので、エレキギターの方も弾いてみたいと思い自分で購入しました。

 

 

もともと邦ロックが好きな私はエレキギターに完全にはまってしまい、今に至るまで2年間ほぼ毎日弾き続けています。

 

 

基本的には家で弾くのみで、完全に自己満足です。しかし最近、せっかく上達したのだからバンドを組んでみたいと思い、大学の友人たちとコピーバンドを組むことになりました。

 

 

 

練習はこれから本格的に始まりますが、とても楽しみです。将来的にはライブをたくさんやって、自分達で曲を作ったりもしてみたいです。